2012年11月24日

紅葉

紅葉を見に出かけてみました。






紅葉
紅葉(こうよう)、もみじ(紅葉、黄葉)とは、主に落葉広葉樹が落葉の前に葉の色が変わる現象のこと。
ただし、読んで字の如く、葉の色が赤変することだけを紅葉(こうよう)と呼ぶ場合もある。
引用:Wikipedia - 紅葉






ラベル:紅葉
posted by ema at 23:01| Comment(0) | 2012年 | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

紅葉と小牧山城

織田信長が初めて築いた城を見るため、小牧市堀の内の小牧山城に行ってみました。
小牧山は標高86m程度なので、頂上の城まで紅葉を見ながら散歩をしてみました。



空はどんよりとし、城の前は工事中でブルーシートが被ってあるため写真もイマイチ・・・。




紅葉
紅葉(こうよう)、もみじ(紅葉、黄葉)とは、主に落葉広葉樹が落葉の前に葉の色が変わる現象のこと。
ただし、読んで字の如く、葉の色が赤変することだけを紅葉(こうよう)と呼ぶ場合もある。
引用:Wikipedia - 紅葉

小牧山
小牧山(こまきやま)は、愛知県小牧市にある標高86mの山。
かつて織田信長の居城であった、小牧山城があった。現在は山全体が公園となっており、桜の名所としても知られる。公園の分類は「史跡公園」。
なお現在、山頂にある天守閣風建物は、1967年に建てられたものである。
引用:Wikipedia - 小牧山


城(しろ)とは、敵に攻め込まれた際の防衛拠点として設けられた構造物。
戦闘拠点であるとともに、食糧や武器や資金の集積場所でもある。
主要な城は指揮官の居所であり、政治や情報の拠点であった。
引用:Wikipedia - 城






ラベル: 紅葉
posted by ema at 23:01| Comment(0) | 2012年 | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

紅葉と谷汲山華厳寺

紅葉を見に揖斐郡揖斐川町谷汲の谷汲山華厳寺へ行ってみました。
飛騨・美濃紅葉33選に選定されている谷汲山華厳寺。
今回は真っ暗な中を明かり無しに一周する戒壇巡りはしなかった。(笑)
















紅葉
紅葉(こうよう)、もみじ(紅葉、黄葉)とは、主に落葉広葉樹が落葉の前に葉の色が変わる現象のこと。
ただし、読んで字の如く、葉の色が赤変することだけを紅葉(こうよう)と呼ぶ場合もある。
引用:Wikipedia - 紅葉

華厳寺
華厳寺(けごんじ)は、岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲徳積にある天台宗の寺院。
山号は谷汲山(たにぐみさん)。
本尊は十一面観音、脇侍として不動明王と毘沙門天を安置する。
西国三十三所第三十三番札所、満願結願の寺院で桜、紅葉の名所としても知られ多くの観光客で賑わう。
西国三十三所の札所寺院では唯一、近畿地方以外にある。
引用:Wikipedia - 華厳寺






ラベル: 紅葉
posted by ema at 23:01| Comment(0) | 2012年 | 更新情報をチェックする

2012年11月11日

紅葉と迫間不動

山の方の紅葉がどれぐらい進んでいるかと気になり、買い物に出かけたついでに関市迫間の迫間不動に寄ってみました。
迫間不動の大祭では、山伏による火渡りが行われるらしい。
雨が降る中で写真を撮ってみたが、元々油絵っぽい写真がさらに増した感じに・・・。






紅葉
紅葉(こうよう)、もみじ(紅葉、黄葉)とは、主に落葉広葉樹が落葉の前に葉の色が変わる現象のこと。
ただし、読んで字の如く、葉の色が赤変することだけを紅葉(こうよう)と呼ぶ場合もある。
引用:Wikipedia - 紅葉

迫間不動
迫間不動(はさまふどう)は、岐阜県関市にある寺院である。
正式な名称は迫間不動尊。
迫間山の山腹にある。
本尊は不動明王。美濃三不動(迫間不動・日之出不動・山中不動)のひとつである。
引用:Wikipedia - 迫間不動






ラベル:紅葉
posted by ema at 23:01| Comment(0) | 2012年 | 更新情報をチェックする

2012年11月08日

ふいごと南宮大社

通称「鞴祭(ふいごまつり)」と呼ばれる金山祭(かなやままつり)を見に、不破郡垂井町宮代の南宮大社へ行ってみました。













鞴(ふいご)は気密な空間の体積を変化させることによって空気の流れを生み出す器具。
引用:Wikipedia - 鞴

南宮大社
南宮大社(なんぐうたいしゃ)は、岐阜県不破郡垂井町にある神社。
旧称は南宮神社。
式内社(名神大社)、美濃国一宮。
旧社格は国幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。
引用:Wikipedia - 南宮大社






ラベル:神社 祭り
posted by ema at 23:01| Comment(0) | 2012年 | 更新情報をチェックする
▼過去ログ