2014年02月23日

夜景と金華山ドライブウェイ

夜景を撮りに岐阜市の金華山に行ってみました。
岐阜城からの夜景ではなく、車で金華山ドライブウェイへ行ってみました。
35台程度の駐車場から展望台へ。(トイレもあるので安心、笑)
この日は風が強く、遠くの景色はハッキリと見えない感じでイマイチでした。
一応、第二展望台(見晴台)もあります。

岐阜市内や「岐阜シティー・タワー43」、伊吹山方面を眺める事ができました。
夕日が沈む時間になると展望台に来る人も多くなりました。




一宮方面の「ツインアーチ138」、名古屋方面の「JRセントラルタワーズ」などを眺める事ができました。








夜景
夜景(やけい)とは、夜の都市景観で月明かりなどの自然光源によるものではなく、人工光源による景観である。
とりわけ、建築物から漏れ出る光・サーチライト・広告照明などが、視野中に密集して見える景観を指して「夜景」ということが多い。
日没後暗くなって建物の窓から照明が漏れ、街灯に灯が入ったときの景観。
引用:Wikipedia - 夜景

金華山ドライブウェイ
金華山ドライブウェイ(きんかざんドライブウェイ)は、岐阜県岐阜市の金華山の南方位置(通称 水道山)を通り、西麓の岐阜公園と南麓の岩戸公園を結ぶ山道である。
途中の金華山展望公園にある金華山ドライブウェイ展望台からは長良川を中心とした岐阜市の街並みが一望でき、昼間の眺望の素晴らしさ夜景の名所として多くの訪れる人で賑っている。
山のいたるところに桜の木が植えられているため、春には桜も楽しめる。
引用:Wikipedia - 金華山ドライブウェイ






タグ:夜景
posted by ema at 23:01| Comment(0) | 2014年 | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

テレビでは大雪情報を放送しており、外を見ると曇り空にちらつく雪・・・。
練習で4〜5枚ほど撮影してみたけど難しい・・・。







雪(ゆき、英: snow)とは、大気中の水蒸気から生成される氷の結晶が空から落下してくる天気のこと。
また、その氷晶単体である雪片(せっぺん、snowflake)、および降り積もった状態である積雪(せきせつ、snowpack等)のことを指す場合もある。
引用:Wikipedia - 雪






タグ:
posted by ema at 23:01| Comment(0) | 2014年 | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

アクアワールド水郷パークセンター

海津温泉のすぐ隣にある海津市海津町のアクアワールド水郷パークセンターへ行ってみました。
住宅展示場だった建物を利用した施設が建ち並んでいるのでちょっと戸惑ってしまった。
オランダの風車をイメージした風車もあったり・・・。












アクアワールド水郷パークセンター
アクアワールド水郷パークセンターは、岐阜県海津市にある国営木曽三川公園中央水郷地区の施設である。
環境教育に関する様々な情報の発信、環境教育に関する活動の支援を行う公園拠点である。
学校やサークルなどの団体で体験できる体験工房や、NPOによる体験教室が行われている。
引用:Wikipedia - アクアワールド水郷パークセンター






タグ:公園
posted by ema at 23:05| Comment(0) | 2014年 | 更新情報をチェックする

木曽三川公園センター

海津市海津町の木曽三川公園センターへ行ってみました。
この日は空気中のチリも少ないのか伊吹山や遠くの山脈がはっきり見えました。










国営木曽三川公園
国営木曽三川公園(こくえいきそさんせんこうえん、Kiso Sansen National Government Park)は、1987年10月に開設された、木曽三川(木曽川、長良川、揖斐川。濃尾三川ともいう)下流域一帯、愛知県・岐阜県・三重県にわたる、日本最大の国営公園。
引用:Wikipedia - 国営木曽三川公園

木曽三川公園センター
木曽三川公園センター(きそさんせんこうえんセンター)とは、岐阜県海津市にある1987年10月31日に供用開始された、国営木曽三川公園中央水郷地区の施設である。
国営木曽三川公園の中で最初に供用開始された施設で、一般に国営木曽三川公園を言う場合、この木曽三川公園センターを指すことが多い。
引用:Wikipedia - 木曽三川公園センター






タグ:公園
posted by ema at 23:02| Comment(0) | 2014年 | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

星座

ニコンからカメラが戻ってきたので、冬に見られる星座オリオン座を撮ってみました。
明るすぎる月が・・・、とりあえず3枚程度撮ってすぐに終了。(寒いし・・・)




星座
星座(せいざ、羅:constellatio)は、複数の恒星が天球上に占める見かけの配置を、その特徴から連想したさまざまな事物の名前で呼んだものである。
古来さまざまな地域・文化や時代に応じていろいろなグループ化の方法や星座名が用いられた。
引用:Wikipedia - 星座






タグ:
posted by ema at 23:02| Comment(0) | 2014年 | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

カメラを修理に

デジタル一眼レフカメラ「Nikon D5200」で撮った写真を見ていたらゴミが数箇所写っていた。
ローパスフィルター清掃を自分で行うのは怖いので、本体D5200とキットレンズ二本のピント調整確認も兼ねて修理に出すことにした。

製品:Nikon D5200 ダブルズームキット
製品:Nikon AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR
製品:Nikon AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR



一応ヤマダ電機 店頭で購入し5年保証に入っておいたが、今回は直接ニコンに出すことにした。
インターネットで修理依頼を申し込み、修理品の引き取りから修理完了品の返送までをセットにした「ニコンピックアップサービス」を利用してみた。


修理依頼は、「故障内容:ローパスフィルター清掃(その他修理含む)」と「本体D5200とキットレンズ二本のピント調整確認」で申し込んだ。
一応、インターネット上での見積もりは保証期間内なので 0円だった。
ダンボールの大きさは Mサイズを指定し、修理申込書はプリンタで印刷して修理品と同梱した。
保証書は販売店の認印が無かったので、ニコンに問い合わせたら購入時レシートのコピーで大丈夫とのことだった。
日曜日にヤマト運輸に来てもらい、修理品と保証書などを引き渡して持って行ってくれた。

ニコンから「修理品確認完了」のメールが届き、数日後に「修理完了」のメールが届き「ご請求金額(修理代金+消費税): 0円」とのことだった。
修理品を送ってからほぼ一週間、土曜日にはD5200とレンズ 2本が手元に戻ってきた。



「ローパスフィルター清掃」と「本体D5200とキットレンズ二本のピント調整確認」に加え、ミラー角度の調整、バネヨットマウント交換、グリップ部ゴムの交換などの処置がされたみたい。
とりあえずボディ本体は綺麗になって戻ってきた感じがする。





▼関連サイト
Nikon
ニコンダイレクト 楽天市場店
価格.com - Nikon D5200 ダブルズームキット>クチコミ
coneco.net - Nikon D5200 ダブルズームキット>クチコミ・評判
価格.com - Nikon AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR
価格.com - Nikon AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR






posted by ema at 23:02| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
▼過去ログ