2014年03月31日

夜桜と墨俣一夜城

夜桜の写真を撮りに大垣市墨俣町墨俣の墨俣一夜城へ行ってみました。
ライトアップもされ、屋台も開いていたので賑やかな感じでした。







風もあまり無く川も穏やかだったので、逆さの城を見ることができました。





サクラ(桜)は、バラ科サクラ亜科サクラ属(Prunus, Cerasus)の落葉樹の総称。
日本においてはサクラは開花が話題となる点において、他の植物とは一線を画す存在である。
現在ではメディアなどで俗に、単に「桜」と言うと、桜の中で極端に多く植えられている品種のソメイヨシノの事を指すことも多い。
引用:Wikipedia - サクラ(桜)

墨俣城
墨俣城(すのまたじょう)は、現在の岐阜県大垣市墨俣町墨俣にあった戦国時代の城である。
1561年(永禄4年)ないし1566年(永禄9年)の織田信長による美濃侵攻にあたって、木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)がわずかな期間でこの地に城を築いたと伝えられている。
これがいわゆる墨俣一夜城であるが、不明な点が多く、様々な議論がある。
引用:Wikipedia - 墨俣城






posted by ema at 23:01| Comment(0) | 2014年 | 更新情報をチェックする

2014年03月30日

桜と新境川提

桜を見に、各務原市那加門前町付近の新境川提へ寄ってみました。
雨が降った影響か泥水の川になっていました。

















サクラ(桜)は、バラ科サクラ亜科サクラ属(Prunus, Cerasus)の落葉樹の総称。
日本においてはサクラは開花が話題となる点において、他の植物とは一線を画す存在である。
現在ではメディアなどで俗に、単に「桜」と言うと、桜の中で極端に多く植えられている品種のソメイヨシノの事を指すことも多い。
引用:Wikipedia - サクラ(桜)

新境川
新境川(しんさかいがわ)は、岐阜県各務原市の境川から分派する木曽川水系の河川。
境川放水路(さかいがわほうすいろ)が正式名称。
新境川は、各務原市を南に流れ木曽川の分流である三派川の北側を流れる「北派川」に合流するが、この北派川は、洪水時しか木曽川の水は流れてこない。
このため、新境川が木曽川と合流するのは、さらに下流の岐阜県羽島郡笠松町無動寺と各務原市川島笠田町との境である。
引用:Wikipedia - 新境川






ラベル: 堤防
posted by ema at 23:05| Comment(0) | 2014年 | 更新情報をチェックする

桜と木曽川堤(大野極楽寺公園)

桜を見に、木曽川堤がある138タワーパーク周辺に出かけ、一宮市浅井町の大野極楽寺公園付近に行ってみました。
昨日まで満開だった桜が、朝からの雨と強風でかなり桜が散ってしまっていた。











サクラ(桜)は、バラ科サクラ亜科サクラ属(Prunus, Cerasus)の落葉樹の総称。
日本においてはサクラは開花が話題となる点において、他の植物とは一線を画す存在である。
現在ではメディアなどで俗に、単に「桜」と言うと、桜の中で極端に多く植えられている品種のソメイヨシノの事を指すことも多い。
引用:Wikipedia - サクラ(桜)

大野極楽寺公園
大野極楽寺公園(おおのごくらくじこうえん)は、愛知県一宮市浅井町にある一宮市立の都市公園(総合公園)である。
木曽川南派川沿いにある。2011年(平成23年)4月から指定管理者制度に基づき、一般財団法人公園財団が運営管理している。
引用:Wikipedia - 大野極楽寺公園






ラベル:堤防 公園
posted by ema at 23:01| Comment(0) | 2014年 | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

桜と光明寺公園

桜を見に一宮市の138タワーパーク周辺、堤防一帯へ出かけてみました。
晴天の土曜日、お花見びよりで車も人も多い。
一宮市光明寺大日東の光明寺公園付近の写真を撮ってみました。















サクラ(桜)は、バラ科サクラ亜科サクラ属(Prunus, Cerasus)の落葉樹の総称。
日本においてはサクラは開花が話題となる点において、他の植物とは一線を画す存在である。
現在ではメディアなどで俗に、単に「桜」と言うと、桜の中で極端に多く植えられている品種のソメイヨシノの事を指すことも多い。
引用:Wikipedia - サクラ(桜)

光明寺公園球技場
光明寺公園球技場(こうみょうじこうえんきゅうぎじょう)は、愛知県一宮市にある一宮市立の球技場。
指定管理者制度に基づき、コナミスポーツ&ライフ・近鉄ビルサービスグループが運営管理している。
一宮市光明寺公園球技場(いちのみやしこうみょうじこうえんきゅうぎじょう)ともいう(2005年からこの名称が正式名称であるが、一般には光明寺公園球技場と呼ばれている)。
国営木曽三川公園の138タワーパークに隣接しているが、光明寺公園は一宮市の公園であり、木曽三川公園では無い。
尚、サイクリングロードで大野極楽寺公園、138タワーパーク、光明寺公園は結ばれている。
引用:Wikipedia - 光明寺公園球技場






ラベル: 堤防
posted by ema at 23:01| Comment(0) | 2014年 | 更新情報をチェックする

2014年03月28日

桜と木曽川堤(大野極楽寺公園)

桜を見に一宮市の138タワーパーク周辺、堤防一帯へ出かけてみました。
一宮市浅井町の大野極楽寺公園付近で写真を撮ってみました。











サクラ(桜)は、バラ科サクラ亜科サクラ属(Prunus, Cerasus)の落葉樹の総称。
日本においてはサクラは開花が話題となる点において、他の植物とは一線を画す存在である。
現在ではメディアなどで俗に、単に「桜」と言うと、桜の中で極端に多く植えられている品種のソメイヨシノの事を指すことも多い。
引用:Wikipedia - サクラ(桜)

大野極楽寺公園
大野極楽寺公園(おおのごくらくじこうえん)は、愛知県一宮市浅井町にある一宮市立の都市公園(総合公園)である。
木曽川南派川沿いにある。2011年(平成23年)4月から指定管理者制度に基づき、一般財団法人公園財団が運営管理している。
引用:Wikipedia - 大野極楽寺公園






ラベル: 堤防
posted by ema at 23:01| Comment(0) | 2014年 | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

ウメと安八百梅園

梅(ウメ)の花を見に、安八郡安八町外善光の安八百梅園へ出かけてみました。
年配の観光客が多いの当然だが、カメラを持った若い人も意外といる感じがする。
安八百梅園の横の中須川の桜はまだまだ先か・・・。










安八百梅園の隣に馬?ポニー?が・・・。




梅(ウメ)
ウメ(梅、学名:Prunus mume、英:Japanese apricot)は、バラ科サクラ属の落葉高木、またはその果実のこと。
花芽はモモと異なり、一節につき1個となるため、モモに比べ、開花時の華やかな印象は薄い。
毎年2月から4月に5枚の花弁のある1センチメートルから3センチメートルほどの花を葉に先立って咲かせる。
花の色は白、またはピンクから赤。
葉は互生で先がとがった卵形で、周囲が鋸歯状。
引用:Wikipedia - ウメ(梅)

安八百梅園
安八百梅園(あんぱちひゃくばいえん)は、岐阜県安八郡安八町にある公園。
梅の名所として知られている。
引用:Wikipedia - 安八百梅園






ラベル: ウメ
posted by ema at 23:01| Comment(0) | 2014年 | 更新情報をチェックする

2014年03月02日

妙興寺

一宮市大和町妙興寺の妙興寺に行ってみました。
妙興寺の隣には一宮市博物館があります。
静かな雰囲気だったので、広い敷地内をのんびりと散策できました。












寺院
寺院(じいん、梵: विहार vihaara、巴: लेङ leNa)は、仏教における祭祀施設である。
寺(てら)、仏閣(ぶっかく)ともいう。
出家者が起居し宗教的儀式を行う施設である。
本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている。(ごく稀に神社にも用いられることがある)
引用:Wikipedia - 寺院

妙興寺
妙興寺(みょうこうじ)は、愛知県一宮市にある臨済宗妙心寺派の大寺院。
山号は、長嶋山(ちょうとうさん)、寺号は詳しくは妙興報恩禅寺と称する。
本尊は釈迦三尊、開山は滅宗宗興である。
周囲には、五つの塔頭がある。
古より「尾張に杉田(過ぎた)の妙興寺」と言われる。
新陰流開祖上泉信綱が修行した。
無刀取り発祥の地。
修行道場として僧堂が設置されている。
引用:Wikipedia - 妙興寺






ラベル:
posted by ema at 23:05| Comment(0) | 2014年 | 更新情報をチェックする

真清田神社

一宮市真清田の真清田神社へ行ってみました。
神社内では鳩やカラスがいたり、「神池」では鯉やカメが泳いでいたり・・・。










真清田神社
真清田神社(ますみだじんじゃ)は、愛知県一宮市にある神社。
式内社(名神大社)、尾張国一宮。
旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。
引用:Wikipedia - 真清田神社






ラベル:神社
posted by ema at 23:01| Comment(0) | 2014年 | 更新情報をチェックする
▼過去ログ