2015年05月14日

安桜山

関市西日吉町の関善光寺(宗休寺)に行った後に、安桜山(あさくらやま)に登ってみました。
安桜山は、標高152メートルと低い山。
関善光寺の鐘楼(しょうろう)に行ける階段から、安桜山の登山を開始しました。
とりあえず、安桜山の山頂まで行くことにしました。





所々にいる葉っぱや枝から垂れ下がっている毛虫を避けながら進む・・・。









遊歩道が色々分かれていましたが東屋まで到着。




神社の鳥居が見えると、安桜山山頂に到着。
ちょっとした広場に御嶽大神が祀られ、すぐ後ろに三等三角点がありました。
関城(安桜山城)跡の石碑があるのかなと思いましたが、とくに見当たらず・・・。(詳細な看板は麓にあるらしいけど)
ちょうど新緑の季節で若葉がおおいしげり気持ちがよいのですが、その葉が邪魔で遠くの景色が見えずらい感じ。
西側方面の景色を見ると、国道248号の水色の自転車専用レーンが結構目立っていました。
山頂には、ポールが立っており日本国旗が風でなびいていました。










神社の鳥居をくぐり下の展望エリアに降りると、南側の関市街地の景色が広がっていました。
正面に見える各務原市方面の山並みなど、かなり広い範囲を見渡すことができ楽しむことができました。
下に見える市街地を見ていると、新長谷寺(吉田観音)の三重塔が見えて目に留まりました。
















鳥居付近の展望エリアから南側に下って行くと、安桜山公園の方に行けるらしい。
とりあえず今回は景色楽しんだ後、安桜山山頂から関善光寺へと戻りました。




関城(美濃国)
関城(せきじょう)は、美濃国武儀郡(現在の岐阜県関市)に存在した日本の城(山城)。
別名を安桜山城といった。
安桜山(標高152メートル)に築かれた山城。
山頂付近には、かつての本丸跡と思われる平地が残り、山の南側は急峻な岩壁、北側の斜面には複数の曲輪が造られている。
本丸跡は安桜山御嶽神社の境内となっており、麓には安桜山公園や宗休寺がある。
山には遊歩道が設けられ、市街地の南北を結ぶわかくさトンネルと安桜山トンネルの二本が貫通している。
引用:Wikipedia - 関城(美濃国)

宗休寺
宗休寺(そうきゅうじ)は、岐阜県関市にある天台宗の寺院である。
通称を「関善光寺」といい、正式名称より通称で呼ばれることが多い。
本尊は阿弥陀如来(善光寺如来)。
美濃四国第二十一番。
安桜山の麓に位置し、桜、紅葉(サザンカ、ツツジ)の名所である。
引用:Wikipedia - 宗休寺






ラベル: 神社 登山
posted by ema at 23:53| Comment(0) | 2015年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
▼最近の記事