2015年11月11日

MRJ初飛行

国産初の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の飛行試験機初号機による初飛行を見に、西春日井郡豊山町の県営名古屋空港(名古屋飛行場)に行ってみました。
神明公園付近は路上駐車が多かったので、北側のエアフロントオアシス(小牧)と隣接する小針公園の駐車場に車を止めてそこで見ることにしました。






エアフロントオアシス(小針公園)からすぐそばには織田信長が初めて築城した小牧山城があります。
MRJ初飛行を見るため、小牧山城の展望スペースには多くの人が並んでいました。
隣のアピタやナフコの立体駐車場でもMRJ初飛行を見に来ている人がいそう。




三菱航空機、三菱重工が開発を手がける小型ジェット旅客機MRJ90の飛行試験初号機「機体記号(レジ):JA21MJ」が県営名古屋空港を離陸。












小牧山を通り過ぎたあたりでMRJ90は旋回して伊勢湾方面へ・・・。
MRJ90が見えなくなると、エアフロントオアシス(小針公園)の丘の上からすぐに人がいなくなりました。(笑)









MRJ90飛行試験機初号機が再び県営名古屋空港に戻ってくるまで1時間程あるので、別の撮影場所に移動することにしました。
車内から折り畳み自転車を出してエアポートウォーク名古屋や南側のエアフロントオアシス(春日井)の方に行こうかと思いながら、結局エアフロントオアシス(小針公園)から歩いていける神明公園に移動してみました。
神明公園からの撮影では、建物が邪魔でMRJ90着陸時の撮影は無理だろうと思いながら向かう私・・・。(笑)










神明公園の丘の上で戻ってきたMRJ90を確認しましたが、やっぱり建物が邪魔でMRJ90着陸時の撮影は出来ませんでした。






着陸し滑走路を走るMRJ90の姿が、ようやく建物の横から現れました。






紅葉した木の先に見えるMRJ90・・・。






建物の方に向かうMRJ90飛行試験機初号機。












MRJ初飛行では、「三菱重工の社有機、航空自衛隊からT-4、2機がチェースプレーンとして支援したほか、気象調査にJAXAの「飛翔」が観測を行い、万全のサポート体制が組まれました。」とのこと。






「MRJ90飛行試験機初号機は、11時間2分に滑走路34に着陸し、飛行時間は1時間27分。
飛行試験初号機はこの初飛行の評価を行い、本格的に試験飛行を実施していきます。
今後の予定は、2号機が2015年内に初飛行、3号機と4号機は最終組立を完了した後、地上試験を経て2016年第1四半期に初飛行する計画」とのこと。





MRJ
MRJ(三菱リージョナルジェット、英: Mitsubishi Regional Jet)は、三菱航空機を筆頭に開発・製造が進められている小型旅客機。
2014年10月18日にロールアウト(完成披露式典)、初飛行は2015年11月11日に愛知県営名古屋空港で行われ午前9時35分頃離陸した。
離陸後は太平洋上にある防衛省の訓練空域で、航空機の基本動作である降下・上昇・旋回等を行い午前11時2分頃に同空港に無事着陸。
1時間27分に及ぶ初飛行を終えた。
引用:Wikipedia - MRJ

名古屋飛行場
名古屋飛行場(なごやひこうじょう、英: Nagoya Airfield)は、愛知県にある飛行場である。
名古屋飛行場は航空法上の正式名称であり、空港施設の通称は県営名古屋空港(けんえいなごやくうこう、英: Prefectural Nagoya Airport)である。
所在地から小牧空港(こまきくうこう)とも呼ばれる。
引用:Wikipedia - 名古屋飛行場






ラベル:飛行機
posted by ema at 23:58| Comment(0) | 2015年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
▼最近の記事