2015年11月15日

紅葉と大津谷公園キャンプ場

紅葉を見に、揖斐郡池田町宮地の大津谷公園キャンプ場に行ってみました。
道の駅 池田温泉からふれあい街道を走り、霞間ケ渓公園小寺展望台などに寄りながら大津谷公園キャンプ場まで行ってみました。
池田山の山頂方向を見ると、雨雲の間から日が差したり薄暗くなったり・・・。。












大津谷公園キャンプ場には、水場3カ所、飯ごう炊飯施設1カ所、トイレが4カ所設備されており、「バーベキューガーデン」を利用時は役場での予約が必要とのこと。
各自「キャンプ、バーベキュー道具」を持込の場合は、利用の予約は必要無いとのこと。
ちょうどこの日もバーベキューを楽しんでいる家族やグループが数組いました。




吊り橋からさらに上の方に歩いて登ってみると、道沿いにはススキが多くあり、山頂方向の紅葉した木々を見ることが出来ました。
タイミング悪く、薄暗い雲が多く流れていたのがちょっと残念。






大津谷公園キャンプ場前のふれあい街道付近・・・。
2015年10月25日(日)に、池田山の新たな登山道「大津谷登山道」が開通しました。
「大津谷公園から、山頂付近の標高約800mにある「池田の森」までの2.84kmを結んだ。
池田山を登るにはこれまで霞間ケ渓(かまがたに)登山道しかなかったが、今回の開通で2パターンの登山が楽しめる。」とのこと。






紅葉
紅葉(こうよう)、もみじ(紅葉、黄葉)とは、主に落葉広葉樹が落葉の前に葉の色が変わる現象のこと。
ただし、読んで字の如く、葉の色が赤変することだけを紅葉(こうよう)と呼ぶ場合もある。
引用:Wikipedia - 紅葉

池田山
池田山(いけださん、いけだやま)は、岐阜県揖斐郡池田町と揖斐川町(旧春日村)に跨る標高923.9 mの山。
単独の山ではなく、広域でいえば伊吹山を中心とした山系の山の一つである。
東側(池田町側)は、遮るものが無い為、岐阜市、大垣市、一宮市方面への見晴らしが良く、条件がよければ名古屋駅JR セントラルタワーズまでも展望する事が出来る。
また、金華山と並んで東海地方有数の夜景スポットとしても有名。
引用:Wikipedia - 池田山(岐阜県)

池田町(岐阜県)
池田町(いけだちょう)は、岐阜県の揖斐郡に属する町。
町ぐるみで「ゴキブリ追放運動」を行い、町からゴキブリが消えたというエピソードで知られている。
町の東側を揖斐川が流れ、西側は山地となっている。
引用:Wikipedia - 池田町(岐阜県)






ラベル:紅葉 公園
posted by ema at 23:53| Comment(0) | 2015年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
▼最近の記事