2016年08月10日

2016第37回日本ライン夏まつり納涼花火大会

犬山市にある国宝・犬山城付近の木曽川河畔で行われる「第37回日本ライン夏まつり納涼花火大会」を見に出かけました。
日本ライン夏まつり納涼花火大会は、国宝・犬山城と船上から打ち上げられる約3,000発の花火を楽しめます。




日本ライン夏まつり花火大会の駐車場になっていた各務原市民プールに向かうもすでに満車。
その付近に路上駐車している車も多い状態だったので、伊木山の駐車場へ行くことにしました。
前回は「キューピーの鼻」から見ましたが、今回は下の駐車場付近から見ることにしました。
























花火大会が終了し、ライトアップしている犬山城、車の渋滞と夜景をのんびりと撮影。
伊木山のゲートは普段午後5時に閉まりますが、花火大会の時は延長して午後9時頃にゲートを閉じるとのこと。
ゲートが閉じるられる前に駐車場から車を出して帰宅。









・日本ライン夏まつり納涼花火大会の記事
2016年08月10日 第37回日本ライン夏まつり納涼花火大会
2013年08月10日 第34回日本ライン夏まつり納涼花火大会


花火
花火(はなび)は、火薬と金属の粉末を混ぜて包んだもので、火を付け、燃焼・破裂時の音や火花の色、形状などを鑑賞する。
火花に色をつけるために金属の炎色反応を利用しており、混ぜ合わせる金属の種類によってさまざまな色合いの火花を出すことができる。
引用:Wikipedia - 花火

犬山城
犬山城(いぬやまじょう)は、愛知県 犬山市にあった城である。
現在は天守のみが現存し、江戸時代までに建造された「現存天守12城」のひとつである。
また天守が国宝指定された4城のうちの一つである。(他は姫路城、松本城、彦根城)
引用:Wikipedia - 犬山城






ラベル:花火
posted by ema at 23:59| Comment(0) | 2016年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
▼最近の記事