2015年11月15日

粕川オートキャンプ場

揖斐郡揖斐川町瑞岩寺の粕川オートキャンプ場に行ってみました。
道の駅 池田温泉からふれあい街道を走り、霞間ケ渓公園大津谷公園などの紅葉を見ながら粕川オートキャンプ場まで行ってみました。
池田山や春日村方面を見ると所々で紅葉が進んでいましたが、色付きが良くなるのはまだ先か・・・。
粕川沿いにある桜木の葉は、ほとんど散っていました。





オートキャンプ場なのでバーベキューなどを楽しむグループもチラホラといました。
対岸にはパターゴルフ場、グラウンドやランニングコースなどもあるので色々楽しめる場所でした。




紅葉
紅葉(こうよう)、もみじ(紅葉、黄葉)とは、主に落葉広葉樹が落葉の前に葉の色が変わる現象のこと。
ただし、読んで字の如く、葉の色が赤変することだけを紅葉(こうよう)と呼ぶ場合もある。
引用:Wikipedia - 紅葉

池田山
池田山(いけださん、いけだやま)は、岐阜県揖斐郡池田町と揖斐川町(旧春日村)に跨る標高923.9 mの山。
単独の山ではなく、広域でいえば伊吹山を中心とした山系の山の一つである。
東側(池田町側)は、遮るものが無い為、岐阜市、大垣市、一宮市方面への見晴らしが良く、条件がよければ名古屋駅JR セントラルタワーズまでも展望する事が出来る。
また、金華山と並んで東海地方有数の夜景スポットとしても有名。
引用:Wikipedia - 池田山(岐阜県)

粕川(岐阜県)
粕川(かすがわ)は、岐阜県揖斐郡揖斐川町の貝月山付近に源を発し、揖斐川町脛永付近で揖斐川に合流する木曽川水系の一級河川である。
岐阜県揖斐郡揖斐川町(旧春日村)の貝月山付近が水源。
途中、表川、長谷川、高橋谷川などを合流し、平野部に出る。
揖斐郡池田町と揖斐川町の境付近を流れ、揖斐川町脛永で揖斐川と合流する。
引用:Wikipedia - 粕川(岐阜県)






posted by ema at 23:55| Comment(0) | 2015年 | 更新情報をチェックする

紅葉と大津谷公園キャンプ場

紅葉を見に、揖斐郡池田町宮地の大津谷公園キャンプ場に行ってみました。
道の駅 池田温泉からふれあい街道を走り、霞間ケ渓公園小寺展望台などに寄りながら大津谷公園キャンプ場まで行ってみました。
池田山の山頂方向を見ると、雨雲の間から日が差したり薄暗くなったり・・・。。












大津谷公園キャンプ場には、水場3カ所、飯ごう炊飯施設1カ所、トイレが4カ所設備されており、「バーベキューガーデン」を利用時は役場での予約が必要とのこと。
各自「キャンプ、バーベキュー道具」を持込の場合は、利用の予約は必要無いとのこと。
ちょうどこの日もバーベキューを楽しんでいる家族やグループが数組いました。




吊り橋からさらに上の方に歩いて登ってみると、道沿いにはススキが多くあり、山頂方向の紅葉した木々を見ることが出来ました。
タイミング悪く、薄暗い雲が多く流れていたのがちょっと残念。






大津谷公園キャンプ場前のふれあい街道付近・・・。
2015年10月25日(日)に、池田山の新たな登山道「大津谷登山道」が開通しました。
「大津谷公園から、山頂付近の標高約800mにある「池田の森」までの2.84kmを結んだ。
池田山を登るにはこれまで霞間ケ渓(かまがたに)登山道しかなかったが、今回の開通で2パターンの登山が楽しめる。」とのこと。






紅葉
紅葉(こうよう)、もみじ(紅葉、黄葉)とは、主に落葉広葉樹が落葉の前に葉の色が変わる現象のこと。
ただし、読んで字の如く、葉の色が赤変することだけを紅葉(こうよう)と呼ぶ場合もある。
引用:Wikipedia - 紅葉

池田山
池田山(いけださん、いけだやま)は、岐阜県揖斐郡池田町と揖斐川町(旧春日村)に跨る標高923.9 mの山。
単独の山ではなく、広域でいえば伊吹山を中心とした山系の山の一つである。
東側(池田町側)は、遮るものが無い為、岐阜市、大垣市、一宮市方面への見晴らしが良く、条件がよければ名古屋駅JR セントラルタワーズまでも展望する事が出来る。
また、金華山と並んで東海地方有数の夜景スポットとしても有名。
引用:Wikipedia - 池田山(岐阜県)

池田町(岐阜県)
池田町(いけだちょう)は、岐阜県の揖斐郡に属する町。
町ぐるみで「ゴキブリ追放運動」を行い、町からゴキブリが消えたというエピソードで知られている。
町の東側を揖斐川が流れ、西側は山地となっている。
引用:Wikipedia - 池田町(岐阜県)






タグ:紅葉 公園
posted by ema at 23:53| Comment(0) | 2015年 | 更新情報をチェックする

紅葉と霞間ケ渓公園

前日の雨雲がまだ残ってはいましたが、紅葉を見に揖斐郡池田町の池田山方面に行ってみました。
揖斐川の堤防を走っていると大垣市のソフトピアジャパン付近のメタセコイアが黄色く色づき始めているのが見え、大垣市津村町にある津布良公園の木々は紅葉していました。






池田山を見ながら県道53号岐阜関ケ原線は走り、ドライブ休憩で道の駅 池田温泉の足湯でリフレッシュ。






池田山腹を南北に走るふれあい街道を走り、「日本さくら名所100選」にも選定されている揖斐郡池田町藤代の霞間ケ渓公園に行ってみました。
ふれあい街道沿いにある霞間ケ渓公園や大津谷公園付近の桜や紅葉を見るなら、太陽の日が降り注ぐ午前から正午頃までに来た方が良さそう。
霞間ケ渓の紅葉は道路沿いや看板やトイレあたりが赤く色づいていましたが、そこから上の方はまだ青いモミジが多い状態でした。
池田山の頂上や焼石神社あたりは紅葉しているらしいけど・・・。










振り返って岐阜市方面や谷汲方面を見ると、遠くの景色までハッキリと見ることが出来ました。
一宮や名古屋方面も確認できるけど、木々が邪魔で見えづらかった。(笑)






ふれあい街道をドライブしている車やバイクや自転車、ジョギングやウォーキングをしている人も多い。
わずかでしたが、途中で立ち止まってカメラで紅葉を撮影している人もいらっしゃいました。
霞間ケ渓公園の桜の時期と比べると、紅葉をわざわざ見に来る人は少ないのかも・・・。












池田山登山をする人も多く、池田の森公園への登山口がこの場所にあるのでここからスタートすることが出来ます。
鹿や熊などの動物がいるので、熊鈴は必要かもしれません。




紅葉
紅葉(こうよう)、もみじ(紅葉、黄葉)とは、主に落葉広葉樹が落葉の前に葉の色が変わる現象のこと。
ただし、読んで字の如く、葉の色が赤変することだけを紅葉(こうよう)と呼ぶ場合もある。
引用:Wikipedia - 紅葉

池田山
池田山(いけださん、いけだやま)は、岐阜県揖斐郡池田町と揖斐川町(旧春日村)に跨る標高923.9 mの山。
単独の山ではなく、広域でいえば伊吹山を中心とした山系の山の一つである。
東側(池田町側)は、遮るものが無い為、岐阜市、大垣市、一宮市方面への見晴らしが良く、条件がよければ名古屋駅JR セントラルタワーズまでも展望する事が出来る。
また、金華山と並んで東海地方有数の夜景スポットとしても有名。
引用:Wikipedia - 池田山(岐阜県)

霞間ヶ渓
霞間ヶ渓(かまがたに)は岐阜県池田町にある渓谷。
桜と渓谷の調和が非常に美しいことから、国指定名勝及び天然記念物に指定されている(「霞間ヶ渓(サクラ)」)。
断層崖からなる池田山の東斜面を浸食して形成された渓谷で、地形は非常に急峻。
引用:Wikipedia - 霞間ヶ渓






タグ:紅葉 公園
posted by ema at 23:51| Comment(0) | 2015年 | 更新情報をチェックする

2015年11月11日

MRJ初飛行

国産初の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の飛行試験機初号機による初飛行を見に、西春日井郡豊山町の県営名古屋空港(名古屋飛行場)に行ってみました。
神明公園付近は路上駐車が多かったので、北側のエアフロントオアシス(小牧)と隣接する小針公園の駐車場に車を止めてそこで見ることにしました。






エアフロントオアシス(小針公園)からすぐそばには織田信長が初めて築城した小牧山城があります。
MRJ初飛行を見るため、小牧山城の展望スペースには多くの人が並んでいました。
隣のアピタやナフコの立体駐車場でもMRJ初飛行を見に来ている人がいそう。




三菱航空機、三菱重工が開発を手がける小型ジェット旅客機MRJ90の飛行試験初号機「機体記号(レジ):JA21MJ」が県営名古屋空港を離陸。












小牧山を通り過ぎたあたりでMRJ90は旋回して伊勢湾方面へ・・・。
MRJ90が見えなくなると、エアフロントオアシス(小針公園)の丘の上からすぐに人がいなくなりました。(笑)









MRJ90飛行試験機初号機が再び県営名古屋空港に戻ってくるまで1時間程あるので、別の撮影場所に移動することにしました。
車内から折り畳み自転車を出してエアポートウォーク名古屋や南側のエアフロントオアシス(春日井)の方に行こうかと思いながら、結局エアフロントオアシス(小針公園)から歩いていける神明公園に移動してみました。
神明公園からの撮影では、建物が邪魔でMRJ90着陸時の撮影は無理だろうと思いながら向かう私・・・。(笑)










神明公園の丘の上で戻ってきたMRJ90を確認しましたが、やっぱり建物が邪魔でMRJ90着陸時の撮影は出来ませんでした。






着陸し滑走路を走るMRJ90の姿が、ようやく建物の横から現れました。






紅葉した木の先に見えるMRJ90・・・。






建物の方に向かうMRJ90飛行試験機初号機。












MRJ初飛行では、「三菱重工の社有機、航空自衛隊からT-4、2機がチェースプレーンとして支援したほか、気象調査にJAXAの「飛翔」が観測を行い、万全のサポート体制が組まれました。」とのこと。






「MRJ90飛行試験機初号機は、11時間2分に滑走路34に着陸し、飛行時間は1時間27分。
飛行試験初号機はこの初飛行の評価を行い、本格的に試験飛行を実施していきます。
今後の予定は、2号機が2015年内に初飛行、3号機と4号機は最終組立を完了した後、地上試験を経て2016年第1四半期に初飛行する計画」とのこと。





MRJ
MRJ(三菱リージョナルジェット、英: Mitsubishi Regional Jet)は、三菱航空機を筆頭に開発・製造が進められている小型旅客機。
2014年10月18日にロールアウト(完成披露式典)、初飛行は2015年11月11日に愛知県営名古屋空港で行われ午前9時35分頃離陸した。
離陸後は太平洋上にある防衛省の訓練空域で、航空機の基本動作である降下・上昇・旋回等を行い午前11時2分頃に同空港に無事着陸。
1時間27分に及ぶ初飛行を終えた。
引用:Wikipedia - MRJ

名古屋飛行場
名古屋飛行場(なごやひこうじょう、英: Nagoya Airfield)は、愛知県にある飛行場である。
名古屋飛行場は航空法上の正式名称であり、空港施設の通称は県営名古屋空港(けんえいなごやくうこう、英: Prefectural Nagoya Airport)である。
所在地から小牧空港(こまきくうこう)とも呼ばれる。
引用:Wikipedia - 名古屋飛行場






タグ:飛行機
posted by ema at 23:58| Comment(0) | 2015年 | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

第59回全国選抜長良川中日花火大会

岐阜市の金華山の麓の長良川河畔で行われる「第59回全国選抜長良川中日花火大会」を見に出かけてみました。
長良川中日花火大会は、全国でも有数の規模を誇る花火大会で約 3万発の花火が打ち上がります。
鏡島大橋の堤防から大縄場大橋と忠節橋を横切り、写真を撮りながら現地へ行ってみました。










今回は、忠節橋〜金華橋の間の堤防下から撮影してみました。














今回は、最後まで花火を見ずに途中で帰宅・・・。






・岐阜花火大会の記事
2016年07月30日 第60回全国選抜長良川中日花火大会
2015年07月25日 第59回全国選抜長良川中日花火大会
2014年08月02日 第69回全国花火大会
2013年08月03日 第68回全国花火大会
2013年07月27日 第57回全国選抜長良川中日花火大会


花火
花火(はなび)は、火薬と金属の粉末を混ぜて包んだもので、火を付け、燃焼・破裂時の音や火花の色、形状などを鑑賞する。
火花に色をつけるために金属の炎色反応を利用しており、混ぜ合わせる金属の種類によってさまざまな色合いの火花を出すことができる。
引用:Wikipedia - 花火

全国選抜長良川中日花火大会
全国選抜長良川中日花火大会(ぜんこくせんばつながらがわちゅうにちはなびたいかい)は、中日新聞社が1957年(昭和32年)から行っている花火大会。
例年7月の最終土曜日に岐阜市長良川河畔で開催される。
なお、同じ場所で翌週に開催される岐阜新聞・岐阜放送主催の長良川全国花火大会と合わせて、「長良川花火大会」と呼ばれる場合がある。
引用:Wikipedia - 全国選抜長良川中日花火大会






タグ:花火
posted by ema at 23:59| Comment(0) | 2015年 | 更新情報をチェックする

2015年05月24日

岐阜シティ・タワー43

岐阜市橋本町の岐阜シティ・タワー43に行ってみました。
岐阜シティ・タワー43は、JR岐阜駅の北口を出るとすぐそばにあります。






岐阜シティ・タワー43の1階と2階は商業施設で、最上階の43階スカイラウンジには無料展望室とレストランがあります。
43階スカイラウンジへの直通展望エレベーターに乗って、無料展望室に行ってみました。
一応年中無休で、午前10時から午後11時(最終入場は午後10時まで)とのこと。
直通展望エレベーターを降りて、東側の無料展望室へ・・・。



日曜日の朝10時半頃でしたが、展望室からJR岐阜駅周辺を見ると走行中の車がなんとなく少ない気がしました。





一宮や名古屋方面を見ると、曇り空ということもあり霞んでしまいちょっと遠くが見えずらい状態でした。







隣に聳え立つ岐阜スカイウイング37がちょっと邪魔に感じてしまう。
岐阜シティ・タワー43と似たような高さなのでしょうがないけど・・・。(笑)



西側の無料展望室から見ることを忘れてしまった・・・。


岐阜シティ・タワー43
岐阜シティ・タワー43(ぎふシティ・タワー43、GIFU CITY TOWER 43)は、岐阜県岐阜市橋本町2丁目52番地にある商業・住居複合の超高層ビルである。
タワーは岐阜市の旧地名「井ノ口」の「井」にちなみ中央が吹き抜け、外観デザインは鵜飼舟を模し、外壁の水平ラインは岐阜提灯をモチーフにしてあり、随所に岐阜を感じるデザインが取り込まれている。
2007年10月13日にオープン、住居を伴う複合ビルとしては中部圏で最も高い地上43階、高さ162.82m。
43階:スカイラウンジ(岐阜市が所有)
スカイラウンジには展望室と「ゼットン」が出店した展望レストラン「forty three(フォーティースリー)」が開設されている。
なお、展望室は一般に無料開放されており、専用エレベーターを利用すれば1階から約45秒で行くことができる。
引用:Wikipedia - 岐阜シティ・タワー43






posted by ema at 23:52| Comment(0) | 2015年 | 更新情報をチェックする

2015年05月14日

安桜山

関市西日吉町の関善光寺(宗休寺)に行った後に、安桜山(あさくらやま)に登ってみました。
安桜山は、標高152メートルと低い山。
関善光寺の鐘楼(しょうろう)に行ける階段から、安桜山の登山を開始しました。
とりあえず、安桜山の山頂まで行くことにしました。





所々にいる葉っぱや枝から垂れ下がっている毛虫を避けながら進む・・・。









遊歩道が色々分かれていましたが東屋まで到着。




神社の鳥居が見えると、安桜山山頂に到着。
ちょっとした広場に御嶽大神が祀られ、すぐ後ろに三等三角点がありました。
関城(安桜山城)跡の石碑があるのかなと思いましたが、とくに見当たらず・・・。(詳細な看板は麓にあるらしいけど)
ちょうど新緑の季節で若葉がおおいしげり気持ちがよいのですが、その葉が邪魔で遠くの景色が見えずらい感じ。
西側方面の景色を見ると、国道248号の水色の自転車専用レーンが結構目立っていました。
山頂には、ポールが立っており日本国旗が風でなびいていました。










神社の鳥居をくぐり下の展望エリアに降りると、南側の関市街地の景色が広がっていました。
正面に見える各務原市方面の山並みなど、かなり広い範囲を見渡すことができ楽しむことができました。
下に見える市街地を見ていると、新長谷寺(吉田観音)の三重塔が見えて目に留まりました。
















鳥居付近の展望エリアから南側に下って行くと、安桜山公園の方に行けるらしい。
とりあえず今回は景色楽しんだ後、安桜山山頂から関善光寺へと戻りました。




関城(美濃国)
関城(せきじょう)は、美濃国武儀郡(現在の岐阜県関市)に存在した日本の城(山城)。
別名を安桜山城といった。
安桜山(標高152メートル)に築かれた山城。
山頂付近には、かつての本丸跡と思われる平地が残り、山の南側は急峻な岩壁、北側の斜面には複数の曲輪が造られている。
本丸跡は安桜山御嶽神社の境内となっており、麓には安桜山公園や宗休寺がある。
山には遊歩道が設けられ、市街地の南北を結ぶわかくさトンネルと安桜山トンネルの二本が貫通している。
引用:Wikipedia - 関城(美濃国)

宗休寺
宗休寺(そうきゅうじ)は、岐阜県関市にある天台宗の寺院である。
通称を「関善光寺」といい、正式名称より通称で呼ばれることが多い。
本尊は阿弥陀如来(善光寺如来)。
美濃四国第二十一番。
安桜山の麓に位置し、桜、紅葉(サザンカ、ツツジ)の名所である。
引用:Wikipedia - 宗休寺






タグ: 神社 登山
posted by ema at 23:53| Comment(0) | 2015年 | 更新情報をチェックする

御開帳の関善光寺

七年に一度の善光寺 御開帳で、平成27年(2015年)4月5日〜5月31日まで六善光寺同時御開帳が行われています。
で、関市西日吉町の関善光寺(宗休寺)に行ってみました。
関善光寺の本堂は信州善光寺堂の四分の一の大きさで、日本唯一の卍字型戒壇巡りがあります。

公園横の駐車場には車が並んでおり、多くの人が訪れているみたいでした。
駐車場から見上げると、迫力があり立派な石垣の上にある本堂が見えます。





ちょうど新緑の時期と青空で気持ちのよい日でした。(ちょっと暑かったけど・・・)






本堂と大仏殿の間に、三本の回向柱が立てられていました。












本堂の横の立派な大仏殿には、木造仏としては岐阜県最大で約五百年前の作と云われる「丈六阿弥陀如来」があります。
本堂と大仏殿の間に見逃し価値な古い十王堂があり、 閻魔様御一行が・・・。
八角形の大日堂などもありました。








弘法大師空海が祀られている弘法堂の横の階段を登ると、鐘楼(しょうろう)があり県下最大の大梵鐘(だいぼんしょう)があります。
ここまで登るとちょっとした関市街地の景色を見ることができました。







鐘楼(しょうろう)付近から、数多くの石仏が安置されており「四国八十八カ所ご分身巡り」と「西国三十三観音ご分身巡り」ができるみたいです。
これよりさらに進むと、標高152メートルの安桜山(あさくらやま)の登山に・・・。




善光寺
善光寺(ぜんこうじ)は、長野県長野市元善町にある無宗派の単立寺院で、住職は「大勧進貫主」と「大本願上人」の両名が務める。
日本最古と伝わる一光三尊阿弥陀如来を本尊とし、善光寺聖の勧進や出開帳などによって、江戸時代末には、「一生に一度は善光寺詣り」と言われるようになった。
今日では御開帳が行われる丑年と未年に、より多くの参拝者が訪れる。
引用:Wikipedia - 善光寺

宗休寺
宗休寺(そうきゅうじ)は、岐阜県関市にある天台宗の寺院である。
通称を「関善光寺」といい、正式名称より通称で呼ばれることが多い。
本尊は阿弥陀如来(善光寺如来)。
美濃四国第二十一番。
安桜山の麓に位置し、桜、紅葉(サザンカ、ツツジ)の名所である。
引用:Wikipedia - 宗休寺

開帳
開帳(かいちょう)とは、仏教寺院で本尊をはじめとする仏像を安置する仏堂や厨子の扉を開いて拝観できるようにすること。
普段秘仏となっている仏像を公開する周期は、縁日など毎年特定の日に開帳する寺院もあれば、数年から数十年に一度特定の日にしか開帳しない寺院もあり、開帳の間隔は寺院によってさまざまである。
引用:Wikipedia - 開帳






タグ:
posted by ema at 23:51| Comment(0) | 2015年 | 更新情報をチェックする
▼カテゴリ
2016年(6)
2015年(27)
2014年(88)
2013年(39)
2012年(17)
日記(23)