2016年09月15日

中秋の名月

9月15日(木)は「中秋の名月」。
肉眼ではほぼ満月に見えましたが、残念ながらこの日は満月ではないとのこと。(満月は二日後の 9月17日)







月(つき、英: Moon、羅: Luna ルーナ)は、地球の唯一の衛星(地球を回る天体)である。
太陽系の衛星中で5番目に大きい。
地球から見て太陽に次いで明るい。
引用:Wikipedia - 月

満月
満月(まんげつ)とは、月と太陽の黄経差が180度となること、あるいはその瞬間。これを望(ぼう)ともいう。
またこの時に見られる月の形をも指す。
これを望月(ぼうげつ・もちづき)、盈月(えいげつ)ともいう。
月齢は,13.8〜15.8であることが多く、平均では14.8である。月相は14。
太陰暦では,十五日か十六日であることが多いので、満月の日の晩を十五夜とも呼んだ。
満月は、ほぼ日没とともに東の空に昇り、明け方には西の空に沈む。

地球を周回する月の公転軌道が楕円のため地球と月の距離は変化しているが、中でも地球に最も近づいたとき(近地点)に満月または新月を迎えることをスーパームーン(en:Supermoon)と呼ぶ。
1年に1回のペースで見られる。
2011年のスーパームーン(地球から月までの距離:35万6577km)では、地球から最も遠い距離(遠地点・同約41万km)にあるときの満月と比較して14%大きく見え、30%程明るく観測された(NASA)。
引用:Wikipedia - 満月






タグ:
posted by ema at 23:59| Comment(0) | 2016年 | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

長良川鵜飼

岐阜市の長良川で毎年5月11日から10月15日まで行われる長良川鵜飼を見に行ってみました。
今年は鵜舟のベテラン船頭が逃げた鵜を追い川に流される事故があり、5月30日から再開された長良川鵜飼。
何度も岐阜城や岐阜公園には来ていますが、じっくりと長良川鵜飼を見たことが無かったので今回は夜遅くまで見ていくことにしました。










1隻欠けた5隻での総がらみを見て、ちょっとのんびりとする。
川岸に停泊している観覧船の方に鵜舟が行くので、対岸からの写真撮影は難しい。
とりあえず、「岐阜城パノラマ夜景」をしている岐阜城を撮る。






撮影場所を変えて、シャッタースピードやノイズや手ぶれや被写体ブレを気にしながら鵜飼い撮影。(笑)
鵜飼いは篝火の下で行われいるので非常に暗く、鵜と波立つ水面でゴチャゴチャした感じに見える。
2回目の総がらみ、鵜飼のクライマックスを見て駐車場に戻る。










渋滞する河畔駐車場と岐阜公園に向かう多くの若者達・・・。
スマホゲーム「ポケモンGO」の影響で岐阜公園周辺では路上駐車が激増とのこと。
「そういえば地域ニュースで話題になっていたいたなぁ〜。」と思いながら帰宅。




鵜飼い
鵜飼い・鵜飼・鵜養(うかい)は、鵜(ウ)を使ってアユなどを獲る、漁法のひとつ。
中国、日本などで行われていた。
現在では漁業というより、観光業(ショー)として行われている場合が多い。
また、ヨーロッパでは16世紀から17世紀の間、スポーツとして行われた。
引用:Wikipedia - 鵜飼い

長良川鵜飼
長良川鵜飼(ながらがわうかい)とは、岐阜県岐阜市の長良川で毎年5月11日から10月15日まで行われる鵜飼である。
1300年ほど前から行われており起源は漁としての鵜飼だが、現在は古典漁法を今に伝える観光としての鵜飼である。
そのうち宮内庁の御料場で行われる8回の鵜飼は「御料鵜飼」と呼ばれ、獲れた鮎は皇居へ献上されるのみならず、明治神宮や伊勢神宮へも奉納される。
長良川における鵜飼は日本で唯一皇室御用の鵜飼であり、長良川の鵜匠は職名を宮内庁式部職鵜匠といい、長良川の鵜飼用具一式122点は国の重要有形民俗文化財、長良川鵜飼漁法は岐阜県指定重要無形民俗文化財である。
全国的には鵜飼漁をする人は「鵜使い」と呼ばれるのだが、長良川鵜飼では世襲制のため古くから「鵜匠」と呼ばれている。
引用:Wikipedia - 長良川鵜飼






タグ:
posted by ema at 23:59| Comment(0) | 2016年 | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

やないづ境川ふれあい夏祭り花火大会2016

道の駅柳津のすぐ隣、岐阜市柳津町の境川緑道公園一帯で行われる「やないづ境川ふれあい夏祭り花火大会2016」が行われる日。
やないづ境川ふれあい夏祭り花火大会は、「ふれあい太鼓、盆踊り大会、花火大会」などを楽しむことが出来ます。
また、毎年花火を見るためにイトーヨーカドー 柳津店の屋上駐車場を無料開放しています。

午前中は小雨が降り昼過ぎも雲が多い感じでしたが、無事に花火大会が行われそうな天気になりました。
「17:00〜ふれあい太鼓、18:30〜盆踊り大会、19:45〜花火大会」となっていたので、6時過ぎにカラフルタウン岐阜に向かう。
養老山脈伊吹山と夕焼け・・・。(6時20分頃に太陽が沈んだ)






帰りの駐車場渋滞のことも考慮し、立体駐車場ではなく下の駐車場に車を止めました。
この時間になると、駐車しようとする車ばかりでちょっと大変。(笑)








車を駐車したので、やないづ境川ふれあい夏祭り花火大会の会場まで歩いて向かいます。
岐阜県道154号線と境川に架かる新境川橋を渡るだけなので、そんなに大変ではないと思います。(人が多いと大変だけど・・・)
一応、カラフルタウンから夏祭り会場まで誘導する警備員が立っているので判りやすい。
夏休み最後の週末だからか、中学生や高校生などのグループ、小さなお子さんがいる家族連れが結構多くいる様な感じがしました。








やないづ境川ふれあい夏祭り花火大会の会場は、そこそこ人がいる感じですが大混雑という感じではない。
小さな地域で行われる花火大会だし、カラフルタウン・イトーヨーカドーの屋上駐車場から見る人も多いだろうし・・・。
堤防上から見ると芝生にシートを広げて座っても余裕がある感じで、屋台もそこそこ多く並んでいました。







盆踊り大会が終わり、19:45から花火大会の開始。
打ち上げ開始は「おっ!」という感じですが、そのあとは単発での打ち上げでちょっと寂しい。






境川に架かる小さな橋ではナイアガラの滝・・・。


















20:20頃に仕掛け花火が打ち上がり始めましたが、正面からの位置ではないのでイマイチ・・・。
最後の花火も似たような高さに打ち上がり、20:30前に約1700発の花火大会が終了しました。








花火大会に伴い、カラフルタウン内の飲食店舗の営業終了時間が22:00まで延長とのこと。
帰宅する車の駐車場渋滞を避ける意味で、カラフルタウン岐阜・イトーヨーカドーでのんびりしていくのもアリかも・・・。



・やないづ境川ふれあい夏祭り花火大会の記事
2016年08月27日 やないづ境川ふれあい夏祭り花火大会2016
2014年08月23日 やないづふれあい夏祭り花火大会2014


花火
花火(はなび)は、火薬と金属の粉末を混ぜて包んだもので、火を付け、燃焼・破裂時の音や火花の色、形状などを鑑賞する。
火花に色をつけるために金属の炎色反応を利用しており、混ぜ合わせる金属の種類によってさまざまな色合いの火花を出すことができる。
引用:Wikipedia - 花火

柳津町(岐阜県)
柳津町(やないづちょう)は、岐阜県の南部、羽島郡にあった町である。
岐阜市への通勤率は24.0%(平成17年国勢調査)。
2006年1月1日に隣接する岐阜市に編入合併した。
合併後は同名のまま、岐阜市の地域自治区として存在する。
引用:Wikipedia - 柳津町(岐阜県)






タグ:花火
posted by ema at 23:59| Comment(0) | 2016年 | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

第37回日本ライン夏まつり納涼花火大会

犬山市にある国宝・犬山城付近の木曽川河畔で行われる「第37回日本ライン夏まつり納涼花火大会」を見に出かけました。
日本ライン夏まつり納涼花火大会は、国宝・犬山城と船上から打ち上げられる約3,000発の花火を楽しめます。




日本ライン夏まつり花火大会の駐車場になっていた各務原市民プールに向かうもすでに満車。
その付近に路上駐車している車も多い状態だったので、伊木山の駐車場へ行くことにしました。
前回は「キューピーの鼻」から見ましたが、今回は下の駐車場付近から見ることにしました。
























花火大会が終了し、ライトアップしている犬山城、車の渋滞と夜景をのんびりと撮影。
伊木山のゲートは普段午後5時に閉まりますが、花火大会の時は延長して午後9時頃にゲートを閉じるとのこと。
ゲートが閉じるられる前に駐車場から車を出して帰宅。









・日本ライン夏まつり納涼花火大会の記事
2016年08月10日 第37回日本ライン夏まつり納涼花火大会
2013年08月10日 第34回日本ライン夏まつり納涼花火大会


花火
花火(はなび)は、火薬と金属の粉末を混ぜて包んだもので、火を付け、燃焼・破裂時の音や火花の色、形状などを鑑賞する。
火花に色をつけるために金属の炎色反応を利用しており、混ぜ合わせる金属の種類によってさまざまな色合いの火花を出すことができる。
引用:Wikipedia - 花火

犬山城
犬山城(いぬやまじょう)は、愛知県 犬山市にあった城である。
現在は天守のみが現存し、江戸時代までに建造された「現存天守12城」のひとつである。
また天守が国宝指定された4城のうちの一つである。(他は姫路城、松本城、彦根城)
引用:Wikipedia - 犬山城






タグ:花火
posted by ema at 23:59| Comment(0) | 2016年 | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

第71回全国花火大会

岐阜市の金華山の麓の長良川河畔で「岐阜新聞創刊135年記念 第71回全国花火大会」が行われました。
全国花火大会は、全国でも有数の規模を誇る花火大会で約 3万発の花火が打ち上がります。
今年は、岐阜市柳津町仙右城の道の駅柳津から花火を見ることにしました。
道の駅柳津は東側と西側と別れていますが、鶉大橋(うずらおおはし)の下をくぐる歩道で結ばれています。




夜8時過ぎに道の駅柳津に行きましたが、花火を見ている人は20人程度で「チラホラと人がいる」という感じでした。
たぶん、すぐ近くのイトーヨーカドー 柳津店の屋上駐車場から見ている人が多いのかも・・・。
やはり道の駅柳津から花火までの距離があるので、肉眼で見ると小さく見えます。
また隣には鶉大橋があるため車の走行音が結構大きく、花火の音があまり聞こえませんでした。
















花火の打ち上げポイントや小さな花火によっては、JR岐阜駅の隣に立つ岐阜シティ・タワー43と花火が被ることもあります。
鶉大橋(うずらおおはし)の方に行くと、ほんの僅かですがタワーと花火が被らないかも・・・。






最後の花火は、動画で撮影。
一応、動画からの画像で荒いですが、最後の花火の画像をアップ。






最後の花火が終わった後、これで終わりなのか判りませんでした。
周りの人も「終わり?」という感じでした。




・岐阜花火大会の記事
2016年08月06日 第71回全国花火大会
2016年07月30日 第60回全国選抜長良川中日花火大会
2015年07月25日 第59回全国選抜長良川中日花火大会
2014年08月02日 第69回全国花火大会
2013年08月03日 第68回全国花火大会
2013年07月27日 第57回全国選抜長良川中日花火大会


花火
花火(はなび)は、火薬と金属の粉末を混ぜて包んだもので、火を付け、燃焼・破裂時の音や火花の色、形状などを鑑賞する。
火花に色をつけるために金属の炎色反応を利用しており、混ぜ合わせる金属の種類によってさまざまな色合いの火花を出すことができる。
引用:Wikipedia - 花火

長良川全国花火大会
長良川全国花火大会(ながらがわぜんこくはなびたいかい)は、岐阜新聞・岐阜放送が1946年(昭和21年)から行っている花火大会。
例年8月の第1土曜日に岐阜市長良川河畔で開催される。
なお、同じ場所で前週(7月の最終土曜日)に開催される中日新聞社主催の全国選抜長良川中日花火大会と合わせて、「長良川花火大会」と呼ばれる場合がある。
引用:Wikipedia - 長良川全国花火大会






タグ:花火
posted by ema at 23:59| Comment(0) | 2016年 | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

第60回全国選抜長良川中日花火大会

岐阜市の金華山の麓の長良川河畔で行われる「第60回全国選抜長良川中日花火大会」を見に出かけてみました。
長良川中日花火大会は、全国でも有数の規模を誇る花火大会で約 3万発の花火が打ち上がります。
今回は、岐阜赤十字病院前の堤防から撮影してみました。










花火の打上時刻になり、歓声が起こる。




















終盤になってくると、早めに切り上げて帰宅する人も出始めました。




場所が金華橋と雑草や木などがあり、最後のナイアガラの滝はしっかり見えず・・・。
最初から最後まで弱い南風だったので、花火が煙で隠れることなく楽しめた花火大会でした。




・岐阜花火大会の記事
2016年08月06日 第71回全国花火大会
2016年07月30日 第60回全国選抜長良川中日花火大会
2015年07月25日 第59回全国選抜長良川中日花火大会
2014年08月02日 第69回全国花火大会
2013年08月03日 第68回全国花火大会
2013年07月27日 第57回全国選抜長良川中日花火大会


花火
花火(はなび)は、火薬と金属の粉末を混ぜて包んだもので、火を付け、燃焼・破裂時の音や火花の色、形状などを鑑賞する。
火花に色をつけるために金属の炎色反応を利用しており、混ぜ合わせる金属の種類によってさまざまな色合いの火花を出すことができる。
引用:Wikipedia - 花火

全国選抜長良川中日花火大会
全国選抜長良川中日花火大会(ぜんこくせんばつながらがわちゅうにちはなびたいかい)は、中日新聞社が1957年(昭和32年)から行っている花火大会。
例年7月の最終土曜日に岐阜市長良川河畔で開催される。
なお、同じ場所で翌週に開催される岐阜新聞・岐阜放送主催の長良川全国花火大会と合わせて、「長良川花火大会」と呼ばれる場合がある。
引用:Wikipedia - 全国選抜長良川中日花火大会






タグ:花火
posted by ema at 23:57| Comment(0) | 2016年 | 更新情報をチェックする
▼カテゴリ
2016年(6)
2015年(27)
2014年(88)
2013年(39)
2012年(17)
日記(23)